【悲報】2025年の日本、認知症700万人、3人に1人が高齢者、定年70歳、人口減少、増税

koureikasyakai

1: 風吹けば名無し 2019/09/12(木) 05:07:00.28 ID:oEJeKeTY0
定年年齢も段階的に引き上げられており、1980年代前半までは55歳が一般的でしたが、1986年に高年齢者雇用安定法(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律)が制定されると60歳定年が努力義務に。

2000年の改正法では65歳定年が努力義務となり、2012年改正法で完全に義務化されました。

政府は現在、70歳定年を目指していますが、これまでの流れから考えると、2020年代には実現するでしょう。

年金を含めた社会保障にかかる費用は、2011年度は約108兆円だったのに対し、2025年度は約150兆円まで増大すると見られています(厚生労働省、2012年推計)。

およそ1.5倍です。日本政府はすでに莫大な借金をしているため、これ以上の財政支出は不可能です。このままでは、年金制度は破綻してしまう可能性が高い。

今の40代が高齢者になって年金を受け取れるのは、75歳か80歳になってから、なんてことになりかねません。しかも、給付額が大幅に減るのは確実でしょう。

https://toyokeizai.net/articles/amp/275706?page=2

https://www.msn.com/ja-jp/news/money

4: 風吹けば名無し 2019/09/12(木) 05:08:09.03 ID:lN9VcnS+0
ヤバすぎ
ロボット開発しろ

引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1568232420/


続きを読む

Source: 資格ちゃんねる
【悲報】2025年の日本、認知症700万人、3人に1人が高齢者、定年70歳、人口減少、増税