【悲報】バイオ新作、DBDみたいな対戦ゲームで確定する

1: 2019/09/12(木) 10:44:30.51 ID:Ez09OIIf0
『バイオハザード』世界の非対称対戦『プロジェクト レジスタンス』試遊ガイド。“策略vs協力”という斬新な対戦形式を動画付き記事でリポート【TGS2019】

 本作はマスターマインド側がひとり、サバイバー側が4人という対戦形式になっている。1ステージは3エリアで構成されていて、マスターマインドがエリア内につぎつぎトラップを仕掛けていくのに対し、4人のサバイバーたちはマスターマインドのトラップをかいくぐり脱出するというのが目的だ。

 画面中央上部にはタイムカウントが表示されており、このタイムがゼロとなる前にエリアを脱出できればサバイバー側の勝利。タイムカウントをゼロにしてサバイバーの脱出の妨害に成功すれば、マスターマインド側の勝利となる。

y_5d77c9d661ca6

 タイムカウントは時間経過とともに減っていくが、プレイ内容で増減する。たとえばマスターマインド側は、サバイバーを攻撃することで残りタイムを減らせ、サバイバー側はキーアイテムの入手やクリーチャーの撃退などで残りタイムがプラスされる。各自の行動により、タイムカウントがつねに変動する仕組みだ。

https://www.famitsu.com/news/201909/12182872.html



続きを読む

Source: わんこーる速報
【悲報】バイオ新作、DBDみたいな対戦ゲームで確定する