日本の都会の夜は混沌とした“トリップ体験”だった:フランスの写真家が収めた14のシーン

外国人が撮影した日本の景色といえば、満開の桜や霧に包まれた神社を思い浮かべるかもしれない。だが、フランスの写真家が捉えた東京や大阪の夜の風景は、彼が街で感じた“トリップ”したような感覚が描き出されていた。めまいがしそうなネオンの光、ギラギラしたパチンコ台、怪しげなレイヴ会場──。独自の加工処理によって混沌としたオーラを放つ14のシーンをご覧いただこう。
Source: WIRED
日本の都会の夜は混沌とした“トリップ体験”だった:フランスの写真家が収めた14のシーン