惑星の大爆発をハッブル宇宙望遠鏡が激写、それはまるで巨大宇宙花火のようだった

1_e3
NASA, ESA, N. Smith/University of Arizona, J. Morse/BoldlyGo Institute

 とある連星の赤と白と青のガスが膨張する美しい姿――そんな宇宙の花火をハッブル宇宙望遠鏡が捉えた。

 連星の名を「りゅうこつ座イータ星」という。打ち上げ花火は、7500光年の彼方で2世紀ほど前に始まり、現在もなお続くという壮大なものだ。

 1838年、りゅうこつ座イータ星は大爆発を起こし、その輝きのおかげで1844年4月までは空で二番目に明るい星だった。この時点から輝きは衰え出すが、ハッブルが捉えた高解像度の画像は、それが今でも美しく花開いていることを私たちに教えてくれる。
続きを読む

Source: カラパイア
惑星の大爆発をハッブル宇宙望遠鏡が激写、それはまるで巨大宇宙花火のようだった