親が共働きだった小学生の頃、親代わりの祖母がメシウマ手料理を作ってくれた。しかし愛されボディになった私は学校でイジメられるように。だが己の肉体が武器になると気づいた私は…

obaasan - コピー (2) - コピー
513: 名無しさん@おーぷん[sage] 2014/06/02(月)00:33:00 ID:C0zj199Nm [1/4回]
修羅場というか、DQN返し。
小学生の時に親が共働きになり、
親代わりに父方のお祖母ちゃんが来てくれてご飯をつくってくれていた。
お祖母ちゃんの手料理は超ウマメシだった。
給食がまずく思えるくらいの美味しさ。
美味しくて美味しくて、ガツガツ食べて、たらふく食べて、
満面の笑みでお代わりする私にお祖母ちゃんは気をよくして多目につくってくれていた。
最初の頃は純和風か子供の好きそうなメニューのどっちかだったが、
多彩なメニューが出てくるようになって更にモリモリ食べた。
親に中々会えない孫が不憫だったのと、
「美味しい美味しい」と喜ぶ孫が可愛かったんだと思う。
今思い返すと本当に愛されてたなぁと。

お祖母ちゃんに可愛がられた私は一年経たずにムッチムチの愛されボディになりました。


続きを読む

Source: 衝撃体験!アンビリバボー
親が共働きだった小学生の頃、親代わりの祖母がメシウマ手料理を作ってくれた。しかし愛されボディになった私は学校でイジメられるように。だが己の肉体が武器になると気づいた私は…