「日本のTVアニメは衰退しているのか…?」ゴールデン帯のアニメが消滅の危機

1 : ストラト ★ :2018/10/24(水) 10:49:42.76 ID:CAP_USER9.net

現在、ゴールデンタイム(後7時~10時)に放送されるアニメ枠が消滅の危機に瀕している。木曜に放送されていたテレビ東京系の『ポケットモンスター サン&ムーン』と『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』が、10月より日曜夕方の新アニメ枠に“移動”。これにより平日に残されたアニメはテレビ朝日系『ドラえもん』(金曜午後7時~)と『クレヨンしんちゃん』(同7時30分)“のみ”に。「日本のTVアニメは衰退しているのか…?」と思いきや、アニメコンテンツの放送自体は逆に増えているという。高齢化&少子化社会、ライフスタイルの変化にともなって変わりゆくTVのアニメ枠の在り方とは?

■80~90年代はTVアニメ黄金期、感想を翌日に“共有”するのが定番

(省略)

■アニメを見るのも一家団欒の時間、かつては「情操教育」的な役割も

(省略)

■少子化と子供のライフスタイルの変化がアニメ枠の主軸にも影響

(省略)

全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000302-oric-ent


続きを読む

Source: まとめたニュース
「日本のTVアニメは衰退しているのか…?」ゴールデン帯のアニメが消滅の危機