バイト先で小銭を借りてたまに忘れてしまう同僚にうんざりしていたら助け舟がwww

money_kechi_woman

147: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/05(土) 15:36:29 ID:aAdJDdhu

すみません文章下手で長いです。

仕事の合間にバイトしてたんだけど、そこで自分と同じぐらいの歳の同僚A(親しくない)から
度々「小銭貸してくれない〜?」と言われていてちょっと不快だった。
額も200円以内で、数十円の事もあったし初めは「まぁいいか」と思って渡してたんだけどさ。
(コーヒーとかジュースとか、自動販売機で何か買おうとしていたみたい)
一応相手が年上だったしバイトでも先輩だったって事もあって、断り辛かったのもあって。
ほとんど返してくるんだけど、私は本業があるからしょっちゅうバイトに入っている訳じゃない。
月に数日しか顔を合わさないので、何度か忘れられる事が出てきた。
でも数十円を返してくれとは言い辛く、忘れる事にして、次から小銭がないと言おう!と決心。
その後、バイトが終わって皆で休憩室で一息ついていた時に、また言われた。

A「ごめん、100円貸して〜。飲もうと思ったら小銭なかった・・・。」

よし今度こそ言うぞ、と思ったら後ろから年下のバイトちゃんから救いの手が。
「薬ですか?私まだ口開けてないお水持ってるんで良かったらどうぞ。」と天使の微笑で水を差し出すバイトちゃん。
Aは一瞬固まり「あ、薬じゃないんだけどwwちょっと甘いものが飲みたくって〜」
バイトちゃんは不思議そうな顔で「そうなんですか、でもお金ないんだったらもうバイトも終わって帰るだけだし、家まで我慢ですね」
バイトちゃんはカバンをゴソゴソしだしてチョコレートと飴玉をAにあげた。
「疲れたら甘いもの欲しいですよね、ちょうど人数分あるんで皆さんどうぞ!」と私にもくれた。
お礼を言い、その日は解散。


続きを読む

Source: 衝撃体験!アンビリバボー
バイト先で小銭を借りてたまに忘れてしまう同僚にうんざりしていたら助け舟がwww