日本企業のIT投資不足が深刻、2025年にはシステム6割が老朽化

日本企業のIT(情報技術)投資不足が深刻だという。

新しい製品やサービスをつくるためのシステム投資は鈍く、限られた投資の大半が古いシステムの保守や点検にまわっている。経済産業省は2025年には6割の日本企業で基幹システムが老朽化すると推計した。ビッグデータや人工知能(AI)を使うビジネスに、多くの日本企業が乗り遅れる恐れがある。

「数十年前に作られたシステムの保守や管理に追われている」。都内で働く49歳の…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36464910T11C18A0MM8000/

続きを読む

Source: IT速報
日本企業のIT投資不足が深刻、2025年にはシステム6割が老朽化