太平洋に向かった巨大な「海洋清掃マシン」は、プラスティックごみを本当に回収できるのか?

海に漂う大量のプラスティックごみを回収すべくつくられた、全長600mの海洋清掃マシン。NPO団体「オーシャン・クリーンアップ」が開発したこの装置が、サンフランシスコから太平洋に向けて出港した。非常に野心的な目標を掲げるこのプロジェクトだが、専門家たちからは懐疑的な意見も出ている。
Source: WIRED
太平洋に向かった巨大な「海洋清掃マシン」は、プラスティックごみを本当に回収できるのか?