【驚愕】乗用車を手放した人の生活が悲惨・・・・ 「月2万円の維持費を浮かせた代償がこれ」

no title

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/06/21(木) 11:36:44.01 ID:EdsTfr5S0.net

乗用車を手放して1年ほど経過しました。

車を手放してから

買い物
リュックを背負って自転車で。7~8万のマウンテンバイクを足代わりにして、脚力を頼りに買い出し。
牛乳を3本買ったときなどは、帰り道は重装備で気合が入ります。冬場はスパイクタイヤを装着して圧雪路面を走行。
ぬかるんだ時は自転車を担いで走破します。
家具や大型の物品は、主にAmazonで購入。送料もかからないし、家までとどけてくれるので便利です。
自転車で大抵のことは事足りますが、こればっかりは物理的に難しいですね。車持ちに助力を請うこともあります。

通勤
自転車で。冬も前述のとおりスパイクタイヤで気合で乗り切ります。車通勤と比べると体力の消耗具合が段違いですが、
まだ40歳にもなってないのに根を上げるには早すぎますよね。体力増進・健康維持のためにも継続します。

デート・交友
彼女と別れたため不要(;^ω^)
もともと出不精でインターネットとPC、ロードバイクと己の脚さえあれば人生を謳歌できる気質のため、困ることはありません。
車を持つことはしばらくないので、「車を持ってない人とはお付き合いは無理」というような異性と長期的にお付き合いすること自体を避ければノープロブレムですね。
友人とも四半期にいちど我が家で酒盛りするくらいのお付き合いであるため、基本的に困ることはありません。
いざとなれば友人が車を出し、載せてもらったら交通費にあたる部分を支出すればOKです。

浮いたお金
ここ最近で減った出費は、なんと年間で23万円を超えていました。給料は変わらないため、楽になったのもうなずけます。
月の出費でいうと約19300円が浮いているのです。
機動力は大幅に落ちましたが、それでも月に2万円弱が浮くことは大きな利点に感じます。

https://www.pojihiguma.com/entry/Car-Maintenance-costs#%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%88%E4%BA%A4%E5%8F%8B

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ
【驚愕】乗用車を手放した人の生活が悲惨・・・・ 「月2万円の維持費を浮かせた代償がこれ」