ホンダ「クラリティPHEV」、その目まいがするほど複雑な技術の裏側

ホンダが米国で発売し、日本でも2018年に市販を予定しているプラグインハイブリッド車「クラリティ プラグイン ハイブリッド(PHEV)」。モーター2基とエンジンを組み合わせたシステムは、エネルギー効率を最大化するために極めて複雑な機構を採用したのが特徴だ。ドライヴァーがオーケストラの指揮者にでもなった気分になれそうな、その仕組みについて解説しよう。
Source: WIRED
ホンダ「クラリティPHEV」、その目まいがするほど複雑な技術の裏側