元共産党の区議が暴露「共産党には人権も民主主義もない。除籍されるまで嫌がらせ、いじめ、妨害あった」

「日本共産党を除籍されるまでにはさまざまな嫌がらせ、いじめ、妨害があった。」
「共産党には人権も民主主義もありません。」
これは、元共産党の松崎いたる板橋区議が13日、ツイッターで明かした党の実情である。

私が日本共産党を除籍されるまでにはさまざまな嫌がらせ、いじめ、妨害がありました。その都度、党に抗議、要請を繰り返してきましたが改善されることなく、私のほうが放逐されてしまいました。いまの共産党には人権も民主主義もありません。詳しくは→ 
https://t.co/fTY1sILHXs

— 松崎いたる・板橋区議 ( itallmatuzaki) May 12, 2018

松崎区議は2016年12月に日本共産党を除籍となっている。
除籍の理由は「会派を離脱した」とされているが、実際は同氏が共産党区議として追及してきた疑惑が裁判沙汰となり、党が裁判支援をしなかったことで両者の意見相違が表面化したものと見られる。
松崎区議は、欠席裁判のような一方的なやり方を痛烈に批判し、フェイスブックでもそ内容を詳細に公開している。

日本共産党東京都委員会 指導部 御中
2016年2月10日
板橋区議会議員 松崎いたる

 私は2014年2月以来、板橋区ホタル生態環境館で発覚した不正事件を追及してきました。そして、同年11月には不正の首謀者である元板橋区職員(A氏)が、…

松崎 いたるさんの投稿 2018年5月12日(土)

次々に暴かれる共産党の実情

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://ksl-live.com/blog15641

Source: アルファルファモザイク
元共産党の区議が暴露「共産党には人権も民主主義もない。除籍されるまで嫌がらせ、いじめ、妨害あった」