ヒカキン「会社員時代は節約してて最後に食べた牛丼が初の外食だった」→ブログと矛盾を指摘され釈明

ユーチューバーのヒカキンさん(29)が、会社員時代の4年間で節約に努め、最後に食べた牛丼が初の外食だったと、インタビューで明かした。

 しかし、ブログの内容と矛盾すると指摘され、ツイッター上で事情を説明した。

 ヒカキンさんは、SMBC日興証券が運営する投資情報サイト「フロッギー」のインタビューで、これまでの歩みを振り返っており、トレンド情報サイト「新R25」でも、2018年5月3日にその一部が転載された。

そこでは、高校卒業後に東京都内のスーパーに就職した後のストイックな生活ぶりが紹介されている。
インタビューによると、ヒカキンさんは、将来に備えて貯金を始めたが、初任給は13万円くらいで、1年目は10万円を貯めるのが精いっぱいだった。

   朝食は、コンビニの肉まん1個で済ませ、昼・夕食は、社食で一番安い200円の定食をひたすら食べ続けた。
休日は、業務用のそばを買って、1食分ずつゆでて食べるなどし、遊びもコンパもお金がかかると行かなかったという。

   その成果で、会社員2年目には、100万円の貯金を達成できた。その後、ユーチューバーとして成功し、12年1月に会社を辞めた。
その前に一度だけ、奮発して300円ちょっとの牛丼を昼食に食べたが、「4年間働いて、最初で最後の外食」だったという。
「ああ、みんなは外でこんな美味しいもの食べてたのかって、衝撃を受けました(笑)。あの味は、今も忘れられません」と振り返っている。
001
https://www.j-cast.com/2018/05/07327859.html

※関連記事
HIKAKINさんが底辺リーマン時代を語る「初任給13万で4年間200円の定食しか食わなかった 牛丼に感動」

こちらもおすすめ


続きを読む

Source: お料理速報
ヒカキン「会社員時代は節約してて最後に食べた牛丼が初の外食だった」→ブログと矛盾を指摘され釈明