日本臨床薬理学会、TBSに抗議文 ブラックペアン酷すぎ

illust4087

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/05/04(金) 14:14:05.73 ID:EPpXOsjL0 BE:448218991-PLT(13145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
 日本臨床薬理学会が、放送中のTBS系ドラマ「ブラックペアン」内の描写が事実と大きく
異なるとして、抗議文を発表した。

 「ブラックペアン」は、海堂尊による小説を原作とした、二宮和也主演の医療ドラマ。
日本臨床薬理学会のフェイスブックアカウントは2日、TBSに送付予定の抗議文の内容を
公表した。

 同ドラマ内には、加藤綾子演じる治験コーディネーター(CRC)が登場するが、
実際の職務内容とは大きく異なるなどと指摘している。

 まず日本臨床薬理学会は、製薬会社と契約するCRCは存在しないと説明。また、
「ドラマの演出上、登場人物の行動は、治験コーディネーターの本来の業務とは異なるものも
含まれていますと断られてはいますが、第1話、第2話で描写された
治験コーディネーターの姿は、現在、患者さんのために、医療の発展のために
真摯(しんし)に努力しているCRCの心を折り、侮辱するものであったと感じます」と
厳しく批判した。

 さらにCRCが担当医師を高級レストランで接待する描写や、患者の負担軽減費に関する
説明も事実と異なると断言。「これらのことは、ドラマの演出上という言葉で片付けられないと
私たちは考えます。日々、患者さんに相対しているCRC達が、医師達に高額の接待を行い、
人によっては高額の負担軽減費を支払っていると誤解されることはCRCを認定している
学会として残念でなりません」とコメントした。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805040000067.html


続きを読む

Source: ぶる速-VIP
日本臨床薬理学会、TBSに抗議文 ブラックペアン酷すぎ