東京チカラめしが衰退した理由wwrwwrwwrwwrww

41bd0_1460_3b76083a00330b2c145b7906fa7e6f46

1: 風吹けば名無し 2018/04/27(金) 07:20:52.38 ID:HhojbgBu0
戦う相手が強すぎて衰退した東京チカラめし

東京チカラめしは繁華街を中心に出店していた。一般的に、繁華街の小型牛丼店はランチなどのピークタイムにおける客数が店舗全体の売り上げを大きく左右する。
店舗の業績を分析する指標としては「客席回転率=客数÷客席数」がある。繁華街は家賃が高いため、店舗面積を広げることが難しく、客数回転率が重要になる。

 東京チカラめしの焼き牛丼には「焼く」というオペレーションがあり、すき家や吉野家のように「よそう」だけの店舗と比べて提供時間が長くなる。
つまり、ピークタイムに客数が稼げないのだ。

 繁華街の牛丼店で食事をする客は「早い」「安い」「うまい」を求めている。提供時間の遅れは客のニーズに合っていなかった。
確かに、焼き牛丼は「うまい」の面で他社より有利だったかもしれない。しかし、「早い」を犠牲にしたことのマイナスが大きかった。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1804/27/news036.html

引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1524781252/


続きを読む

Source: 資格ちゃんねる
東京チカラめしが衰退した理由wwrwwrwwrwwrww