卵アレルギーと小麦アレルギーの14歳美少女、そうめん1cm卵1gを食べ続け耐性をつけ、克服。

“食定期的に負荷試験を行い、安全が確認されれば、食べる量を増やしていく方法で、従来の“食べない”治療から、“食べることを目指す”治療になったのです。
田野さんの治療は、医師の指導のもと、「卵1グラム、そうめん1センチ」から始まりました。負荷試験で、時折強い症状が出ることもありました。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0405.html


Source: アルファルファモザイク
卵アレルギーと小麦アレルギーの14歳美少女、そうめん1cm卵1gを食べ続け耐性をつけ、克服。