ネット「兵器化」の恐れ、ソーシャル規制をWWW設計者が訴え

「近年、ソーシャルメディアのプラットフォーム上で陰謀論がトレンドの話題に上ってきたり、ツイッター(TWTR.N)やフェイスブック(FB.O)の偽アカウントが社会的な緊張を煽ったり、外部者による選挙への介入や犯罪者による個人データの窃盗が見られるようになった」と懸念を示した。
その上で、営利企業が自主的に取り組むだけで問題に十分対処できるとは思えないとし、「社会問題を把握する法的、あるいは規制上の枠組みがあれば、これらの問題を緩和できるかもしれない」との考えを示した。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://jp.reuters.com/article/internet-weapon-www-idJPKCN1GP0ZQ

Source: アルファルファモザイク
ネット「兵器化」の恐れ、ソーシャル規制をWWW設計者が訴え