駅の無人化は障害者差別。 障害者団体がJR九州に無人化計画の撤回を要望

JR九州が大分市内8駅の無人化を計画している問題で、障害のある人や支援者らでつくる「だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会」は20日、「無人化は差別に当たる」と訴え、同社に計画の撤回と協議の場を設けるよう要望した。
 
※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2018/02/21/JD0056643738

Source: アルファルファモザイク
駅の無人化は障害者差別。 障害者団体がJR九州に無人化計画の撤回を要望