【悲報】コインチェック被害者らに楽観論、「認知的不協和」か?wwwwwwwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/02/01(木) 08:55:42.88 ID:ID:mZpuqYwg0.net
 コインチェックから不正流出した仮想通貨の問題が広がっている。

 流出額は日本円で約580億円、被害者は全国26万人にのぼる。

 億万長者を夢見ながら多額の資金を預けていた投資家からは当然、怨さの声があがる。

 ただコインチェックが被害者への現金補償を打ち出した28日以降、意外な楽観論が台頭し始めた。
 仮想通貨の値上がりをあて込んだ投機熱は冷めるどころか、むしろ強まっている

 「金は返ってくるのか」。コインチェ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26356170R30C18A1000000/

認知的不協和(読み:にんちてきふきょうわ、英語:cognitive dissonance)とは、
人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態になると、
これを解消するために自身の態度や行動を変化させる現象のことである。

認知的不協和は、ある人物にとって「不都合な真実」がいくつも重なると(ほとんどは2つ)、
その人物はその不都合な真実をねじ曲げて良い方向に考えてしまう現象のことである。
ただし不都合な真実がいくつも重なりすぎると限界値を突破して、たとえば政治思想であれば
反体制主義などに発展するのではないかと言われている。

認知的不協和は、宗教や詐欺、戦時下の捕虜などにおいて洗脳の手法として広く用いられている。
http://medicalware.org/wiki/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%9A%84%E4%B8%8D%E5%8D%94%E5%92%8C

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1517442942/

続きを読む

Source: 【2ch】ニュー速クオリティ
【悲報】コインチェック被害者らに楽観論、「認知的不協和」か?wwwwwwwww