【歴史】禁門の変のあと、高杉晋作の斬首を長州藩が検討。岩国で文書発見

51SxO1DR0TL

1: 記憶たどり。 ★ 2018/01/21(日) 15:36:01.00 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180120-00050126-yom-ent

幕末の長州藩が1864年(元治元年)7月の禁門の変に敗れた後、奇兵隊の創設者・高杉晋作 (1839~67年)の切腹や斬首を検討していたことを示す文書が、山口県岩国市の市立博物館「岩国徴古館(ちょうこかん)」が所蔵する長州藩岩国支藩の藩政史料から見つかった。

禁門の変後、第1次長州征討軍参謀の西郷隆盛は、長州藩に急進派藩士の処分を求めた。
当時、同藩では幕府に恭順する保守派が藩政を掌握。岩国領主・吉川経幹(きっかわつねまさ)は幕府との調停役を務めていた。

晋作に関する文書は2点あり、一つ目は長州藩家老・志道安房(しじあわ)が64年11月9日、征討軍の前線基地があった広島に向かう途中、岩国領に立ち寄った際の「手控(てびかえ)」。
藩の処分案が記され、晋作は「高杉和助」の名で「切腹之部」にあった。二つ目は、晋作ら急進派7人の名が書かれた「斬首状写(うつし)」。「姦吏(かんり)と徒党を結び、上を欺き、下を惑わし、君恩を忘れ、度々亡命すること不義不忠の至り」と晋作の罪状を挙げ、「斬首被仰付(おおせつけられ)候事(そうろうこと)」としている。


続きを読む

Source: 歴史的速報@2ch
【歴史】禁門の変のあと、高杉晋作の斬首を長州藩が検討。岩国で文書発見