セクハラの隠れ蓑になっていた「強制仲裁」を求める雇用契約──廃止したマイクロソフトに他社は続くのか

米国の雇用契約の多くに含まれており、セクシャルハラスメント被害を隠してきた批判を受けている強制的仲裁条項。従業員に裁判ではなく民間仲裁人を通じたハラスメントの申し立てを強要するこの条項を、マイクロソフトが撤廃することを発表した。果たしてほかのビッグプレイヤーはこれに続くのか。
Source: WIRED
セクハラの隠れ蓑になっていた「強制仲裁」を求める雇用契約──廃止したマイクロソフトに他社は続くのか