菅義偉官房長官「今までゴールポストが動いてきたが慰安婦の日韓合意は1ミリも動かさない」

 菅義偉官房長官は4日夜のBSフジ番組で、韓国政府が慰安婦問題をめぐる日韓合意の検証を行ったことについて「今までゴールポストが動いてきた。日韓合意は国と国の約束だ。1ミリも動かさない」と強調した。
韓国側が新たな対応を求めてきた場合にも日本政府として応じる考えはないとの認識も示した。

菅氏はまた、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり、カナダ政府が16日に米英など朝鮮戦争時の国連軍参加国に日韓両国などを加えた閣僚級会合を開催することについて「圧力を徹底してかけて北朝鮮に政策をかえさせる。日米の基本姿勢は変わっていない」と述べた。

一方、パキスタンを訪問中の河野太郎外相は4日、韓国の文在寅大統領が合意に間違いがあると発言したことに「言うべきことはきちんと言っている。これ以上付け加えることはない」と述べた。
昨年末に韓国外務省が合意の検証結果を発表した際、河野氏は「合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられない」とする談話を発表している。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://www.sankei.com/politics/news/180104/plt1801040038-n1.html

Source: アルファルファモザイク
菅義偉官房長官「今までゴールポストが動いてきたが慰安婦の日韓合意は1ミリも動かさない」