【本田真凜】五輪落選が「芸能界で大ブレイク」のキッカケになる理由

「フィギュアスケート全日本選手権」を7位で終え、2018年2月に開催される平昌オリンピック出場の道が閉ざされた本田真凜。
12月23日に行われたフリーの演技では連続ジャンプでミスが続き、「自分の目指していた演技ができなくて悔しい」と涙ながらに振り返った。

 JALや読売新聞、ロッテなど大手企業のCMにも出演し、一部で「人気先行」と指摘されつつも、キュートなルックスから業界内の注目がとりわけ大きい本田。

2018年の五輪を逃した今、どこへ向かおうとしているのか──。

「彼女はまだ16歳。2022年の冬季五輪を目指すのは確実だと思いますが、本人の気持ちの整理がつくまでは、芸能活動の比重が増えるのではないでしょうか」と語るのは芸能記者だ。この記者が続ける。

「少なくとも平昌五輪の関連番組には引っ張りだこでしょう。その後もスポーツ番組やバラエティで活躍が予想できます」
詳細はソースにて

no title

http://www.asagei.com/excerpt/95825

続きを読む

Source: ジャックログ
【本田真凜】五輪落選が「芸能界で大ブレイク」のキッカケになる理由